2012年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:20 Jun 21 2012

北京植物園園長が東京で逮捕された件について

 北京植物園の園長が6月初め、「靖国神社の物品を損壊」して日本の警視庁に逮捕されたとの報道について、外交部の洪磊報道官は20日の定例記者会見で「これは普通の領事案件であり、すでに適切に解決された」と説明した。

 日本のTBSテレビの報道によると、この中国国籍の男性(45)は6月4日午前10時頃、東京・千代田区の靖国神社の境内で、桜に掛けられたプラスチック製のプレートを取り外し、足で踏みつけて壊した。警視庁の取り調べに男性は「看板を掛けられて桜がかわいそうだと思った。植物の専門家として見過ごすわけにはいかなかった」と供述。警視庁は政治的背景はないと判断し、釈放した。男性は6日、中国に帰国した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年6月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古