2012年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:20 Jun 21 2012

胡錦濤主席がG20サミットで国際金融システムなどについて見解を表明

 第7回G20サミット(メキシコ・ロスカボス)は19日、国際金融システムの強化、開発、貿易などの問題について議論した。

 胡錦濤主席は「公平かつ公正であまねく広がる、秩序ある国際金融システムの構築は、世界の経済の長期的で健全な安定した発展に寄与し、国際社会共通の利益だ。各国は共に努力して国際金融システム改革の一層の成果を促すべきだ。金融イノベーションと金融規制・監督、仮想経済と実体経済、貯蓄と消費の関係をうまく処理し、金融システムが実体経済の成長により良く貢献、促進するようにすべきだ。国際金融ガバナンス改革を推進し、新興国や途上国の議席と発言権を拡大すべきだ。国際通貨制度を整備し、通貨価値が安定し、供給に秩序があり、総量を調整できる国際準備通貨システムを整備すべきだ。国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)を拡大するとともに、その通貨バスケット構成を改善し、国際通貨制度の安定性を強化すべきだ。国際金融システム改革と開発分野の国際協力の促進を結合し、南北問題の解決を重要な取り組み、長期的任務とすべきだ」と指摘した。

 また「各国が意思疎通と協力を強化し、各国の消費者保護水準を高め、全ての国と民衆に恩恵がおよぶ金融システムを共同構築し、途上国を始めとする各国の民衆が現代的で安全な、手軽な金融サービスを享受できるようにすることを希望する」と指摘した。

 胡主席は「世界の経済の強固で持続可能かつ均衡ある成長は途上国の開発と切り離せない。G20は開発問題を常設の議題とし、途上国に対する国際社会の支援の強化を促すべきだ。中国は南南協力の枠組みで途上国の農業、インフラ整備事業を支援し、食糧支援などを行っており、今後もこれを継続する」と強調した。

 胡主席は「グリーン成長の核心は持続可能な開発の理念に基づき、資源節約型で環境にやさしい社会の建設に努力することにある。グリーン成長と貧困撲滅、途上国の開発の権利を結びつけ、途上国が自ら選択した開発の道を尊重し、途上国に開発の余地を保障すべきだ」と指摘した。

 また「国際貿易は世界の経済成長にとって重要な推進力だ。G20は共に努力して、国際貿易の健全で安定した発展を促し、確固不動として貿易の自由化と円滑化を推進し、様々な形の保護主義に反対し、開かれた、公平かつ公正なグローバル貿易環境を共同構築し、多角的貿易体制を保護・強化し、引き続きドーハ・ラウンドを推進すべきだ」と表明した。

 胡主席はサミット期間中、一部の国の首脳や国際機関の担当者と話を交し、双方関係の発展や国際経済・金融協力の強化について意見交換した。サミットは首脳宣言を発表した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年6月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古