2012年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:49 Jun 21 2012

胡錦濤主席、スペイン副首相と会談

 スペインを訪問中の中国の胡錦濤国家主席は20日、カナリア諸島テネリフェ島でサエンス副首相と会談した。中国共産党の機関紙、人民日報が伝えた。
 
 胡主席は「政治面では互いに理解・支持し合い、国際的・地域的問題で意思疎通や連携を保っている。経済面では協力が拡大し、投資や技術協力が新たな焦点となっており、文化面でも交流が活発化している」と絶頂期にある両国関係をアピール。「国際情勢が深刻化・複雑化する中、それぞれの強みを一層生かしつつ、政治・経済・文化など各分野で協力・交流を深め、国際問題で足並みをそろえることにより、包括的戦略パートナーシップを新たな高みに押し上げるべきだ」と呼びかけた。
 
 サエンス副首相は「両国は多くの重大問題で一致した立場を取っている」とし、中国との関係強化に前向きな姿勢を表明。「両国の協力は現在チャンスに恵まれている」と指摘し、「ハイレベル交流を継続し、経済や科学技術、次世代エネルギー、観光、文化・人的往来など各分野で交流・協力を強化する一方、国際問題でも互いに支持し合い、足並みをそろえたい」との意向を示した。
 
 欧州財政危機への対応については、胡主席は「欧州は困難を克服し、経済回復・成長を実現する能力と知恵を備えている」と語り、欧州の関係各国を支援する姿勢を表明。これに対しサエンス副首相は感謝を述べた上で、「欧州が結束を強めることは、欧州と中国の双方関係や世界全体の発展につながる」との考えを示した。(編集YT)

 「人民網日本語版」2012年6月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古