2012年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:10 Oct 29 2012

改革のトップレベルデザインを踏み込んで研究、推進

 中国共産党第17期中央委員会第5回全体会議で打ち出された「改革のトップレベルデザインを一段と重視」との方針は社会各界の幅広い関心を呼んだ。わが国は経済・社会発展の正念場にある。国際経済は複雑で厳しい状況にあり、わが国は発展の過程における不均衡、不協調、持続不能性の問題が目立ち、経済成長は減速傾向にあり、社会の利害関係は複雑で、様々な矛盾やリスクが増加している。こうした状況の中、改革のトップレベルデザインを踏み込んで研究、推進し、複雑に入り組んだ経済・社会問題の中の主要な問題、重大な問題をしっかりと押え、改革の深化を通じて科学的発展と社会調和を促すことには非常に重大な意義がある。中国共産党の機関紙、人民日報が伝えた。(文:夏斌・国務院参事官、国務院発展研究センター金融研究所名誉所長)

 ■トップレベルデザインの主要原則

 トップレベルデザインは実際の問題の解決に立脚するべきだ。30年余りの改革開放を経て、すでにわれわれは改革の方向性が社会主義市場経済体制の構築・整備であることを明確にした。この点はすでに社会の共通認識となっている。現在の問題は、世界第2の経済大国になると同時に、われわれの直面することになったいくつかの際立った問題が、科学的発展や社会調和に深刻な影響を与えていることだ。したがって今日改革のトップレベルデザインについて論じるのは一般的な理論を論じるのではなく、わが国の経済成長を不均衡、不協調、持続不能なものにしている体制・構造的な問題、世界金融危機後の世界需要の後退やわが国の経済成長の減速の後に露呈しうるリスクの問題、所得格差の拡大とそれに伴う経済・社会問題を解決するためである。トップレベルデザインはこうした重大な問題に切り込み、鍵を握るいくつかの問題を列挙し、対策と実行可能な解決案を打ち出すものであるべきだ。

 ■トップレベルデザインの主要内容

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古