2012年7月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:16 Jul 03 2012

第8回北京-東京フォーラムが東京で開幕

スピーチする国務院新聞弁公室の王晨主任

 第8回北京-東京フォーラム(主催:中国日報社、言論NPO)が2日東京で開幕した。日本の野田佳彦首相が祝辞を寄せたほか、中国の曽培炎前副総理(中国国際経済交流センター理事長)らがスピーチした。人民日報が報じた。

 中国側代表は「相互信頼と互恵という二大要素を促進してさらに均衡的・協調的な発展を図り、大局を把握し、協力共栄を図り、友好を発揚し、溝を管理・コントロールし、慎重を期すことで安定した中日関係の発展を図るべきだ」と指摘した。

 野田首相は祝辞で「中国の発展は日本を含む国際社会にとってチャンスだ。日中両国は二国間の範囲内の協力以外に地域やグローバルな課題でも連携して対処し、地域と世界の平和と繁栄に重要な貢献を果たすことができる」と指摘した。

 曽氏は基調講演で「相互信頼と互恵は常に中日関係発展の二大基礎要素であり、互いに支え合って成り立っており、一方を欠くことはできない。中日国交正常化40周年に未来を展望するにあたり、中日双方は共に努力して、相互信頼と互恵という二大要素を促進してさらに均衡的・協調的な発展を図り、両国関係発展の動力を一段と力強く、慎重を期すことで息の長いものにすべきだ」と指摘した。

 このほか中国側は王晨国務院新聞弁公室主任、程永華駐日本中国大使、朱霊中国日報社編集長、日本側は玄葉光一郎外相、明石康国際文化会館理事長、武藤敏郎大和総研理事長らがスピーチした。

 今回のフォーラムは中日国交正常化40周年記念行事の1つで、「世界と未来に向けた新しい日中関係」をテーマに、政治、経済、メディア、地方、安全保障の5つの分科会を設置。双方の代表は2日間の日程で、このテーマや中日関係に関わる問題について胸襟を開いて話し合い、中日両国が誤解や偏見を取り除き、理解や相互信頼を強化するための方策を示す。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月3日

スピーチする程永華大使
スピーチする玄葉光一郎外相
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古