2012年7月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:17 Jul 06 2012

外交部:領土保全は両岸同胞共通の責任

 外交部の劉為民報道官は5日の定例記者会見で「祖国の領土保全と主権維持は両岸同胞共通の願いであり責任だ。中国は引き続き必要な措置を講じて釣魚島に対する主権を守る」と表明した。

 --台湾当局と日本政府は釣魚島に対する「主権」をすでに2度、互いに表明している。台湾の「釣魚島防衛」活動家は先日釣魚島へ向かった際、五星紅旗を携帯して、釣魚島に対する主権を共同で守るよう両岸に呼びかけた。これについてコメントは。台湾の「釣魚島防衛」活動家の行動を支持するか。

 この問題における中国側の立場はすでに昨日明確にした。中国は引き続き必要な措置を講じて釣魚島に対する主権を断固守る。祖国の領土保全と主権維持は両岸同胞共通の願いであり、共通の責任でもある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古