2012年7月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:40 Jul 06 2012

福岡市が中国の公務員の研修を受け入れへ 「スパイ対策」を促される

 日本・福岡市の高島宗一郎市長は3日、ごみ処理や節水など環境保護技術を学んでもらうため、来年から中国の公務員を年間800人受け入れると発表した。日本側関係者によると日本は技術移転分野で一貫して保守的であり、特に中国の「パクリ」能力への懸念から人材研修交流は余り活発でない。福岡市が毎年これほど多くの中国人公務員を受け入れることに日本各界が注目している。公務員派遣を担当する中国外国専門家局に近い消息筋は5日環球時報の取材に、福岡市側と中国側がこの件について6日正式に会談する予定であることを明かした。だが具体的な人数、選抜手続き、帰国後の評価など協力の詳細について中国側はまだ最終的な決定をしていない。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 高島市長は3日の記者会見で「(福岡市の)持続可能な環境技術を中国で生かしてもらいたい。福岡市の環境技術を大気汚染や水質汚染など都市問題の深刻化する中国に伝えられれば、福岡が利益を得ることになる」と述べた。

 福岡市の新二日市国際課長は5日、環球時報の単独取材に「高島市長はすでに本日、3日間の日程で中国に発った。中国外国専門家局と中国公務員研修に関する覚書を締結するためだ」と説明。「日本の地方自治体が人材育成に関する覚書を中国外国専門家局と締結する初めてのケースだ。今後福岡市は毎月30~40人の中国の公務員の研修を受け入れる。具体的な人選や人数は中国外国専門家局が決定する。5年間の予定だが、状況を見て延長もあり得る」と述べた。

 新二日市氏は「福岡市は一貫して美しい居住都市の建設に尽力しており、これまでしばしば韓国から公務員の研修を受け入れていた。中国からの大人数の受け入れに同意したのは、これを基礎に引き続き国際社会に貢献することができるからだ」と説明。中国の公務員は都市景観の建設と維持、高齢者施設の設計、先進のごみ処理・下水道処理技術を学ぶことも明らかにした。「もちろんこれは私たちが中国の公務員に教えられると考えている内容だ。具体的内容は中国側の要請に基づいて調整する」。新二日市氏によると中国は1994年から公務員の海外研修を開始したが、日本への派遣は少人数で、これほど大規模の研修は珍しいという。「私個人は中国の公務員が研修を通じて福岡の優れた技術を中国へ持ち帰ることを強く希望している」。

 中国外国専門家局に近い消息筋は5日「福岡市はごみ処理、環境保護、節水分野で豊富な経験を持ち、中国側は協力を望んでいる。年間派遣人数、選抜手続き、帰国後の評価、研修費用の負担など協力の詳細については、中国側はまだ最終的に決めていない」と明かした。

 朝日新聞によると、研修費や宿泊費など1人約60万円かかる日本での費用は全て中国側が負担する。福岡市は研修による日本側の経済効果を4億8000万円と見込んでいる。同紙は「福岡は九州最大の都市で、中国や韓国まで飛行機で2時間足らずだ。市はかなり前から中韓を頼みに国際化を実現し、経済発展を牽引することを計画していた」と報道。高島市長は中国の公務員の研修計画について報道陣に説明した際、福岡をアジアの『リーダー都市』にする考えを表明したという。

 一方、常に右翼寄りの産経新聞は批判的だ。同紙は「福岡市長の『あまりに無邪気な』発言に不安を覚える。在日中国大使館の1等書記官のスパイ疑惑が浮上したばかりだ。福岡市が受け入れる公務員も中国政府が選ぶというが、福岡市はスパイ対策をまだ想定していない」と指摘。さらに「福岡市にとっての実際のメリットを見極めるべきだ。そもそも技術提供を決定した日本側の市長が覚書締結のためわざわざ北京を訪問するというのも不思議だ」と「注意を促して」いる。

 同紙はまた「中国はこれまでに韓国・ソウル、ドイツ・ケルン市と同様の覚書を締結している。福岡市は中国外国専門家局と大規模な公務員研修の受け入れに関する覚書を3番目に締結した都市となる」と紹介した。日中は2002年から「中日人材育成支援無償事業」を開始。毎年日本側が資金を出して中国から少人数の公務員を研修に受け入れている。同事業により2011年までに中国の30余りの省(直轄市・自治区)の公務員計356人が日本で研修を受けた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古