2012年7月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:04 Jul 16 2012

日本、中国情勢報告のため丹羽大使を一時帰国

 日本の玄葉光一郎外相は14日にベトナム・ハノイ市内で記者団の質問に答えた際、丹羽宇一郎駐中国大使を15日に一時帰国させ、中国情勢の報告を受けることを明らかにした。京華時報が伝えた。

 丹羽大使は以前、石原慎太郎東京都知事の「釣魚島(日本名・尖閣諸島)購入」計画について、中日関係に重大な危機をもたらすとして公に反対した。丹羽大使の発言は日本国内で強い反響を呼び、野党は次々に丹羽氏の大使解任と即時帰国を要求した。

 報道によると孫崎享元日本外務省国際情報局長は「日本人にとっては受け入れがたいかもしれないが、釣魚島とその付属島嶼は決して日本の『固有の領土』ではないということを認識しなければならない」「釣魚島とその付属島嶼の主権に対する日本側の主張は、1895年に沖縄県に編入した閣議決定を根拠にしている。一方中国側は歴史的観点から、早くも14世紀にはその軍事的影響力が一帯に及んでいたとの史実を詳しく説明している」と指摘。「釣魚島をめぐり中国と軍事衝突が起きれば、結果的に日本が完敗するのは必至で、国際社会からも必ず孤立する」としている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
ピヨさん   2012-07-15121.32.133.*
丹波、孫崎両氏の言葉を読んで、「日本人の中にもまだ理性が残っている人がいるのだな」と安堵しています。素人ながら、中国と日本の歴史を学び、実際に中国に滞在してみれば、日本の主張に相当無理があることは、理解できます。あの付近は昔、福建や台湾、琉球の人々の漁場だったのでしょう。それを明治以降、日本が琉球を武力で併合したからと言って、どうして日本の固有の領土になるのですか。また、日本の領土なら、何故今頃東京都や国が買い上げるのですか。北方領土と竹島はどうなんですか。だいいち、都や国が買い上げることが領有の既成事実になるというなら、東京都知事も日本政府も、あの島々が本当は中国領だと認識していることになります。先日夭折したパンダの赤ちゃんに「尖閣」という名前を付けようなどという都知事の発言もそうですが、こうした行動から窺えるのは、中国の宝物は何でも奪ってやろうという、正に強盗の心理です。そして、これを支持する人々は、アメリカが味方しているから確実に成功すると読んでいるようです。しかし、それは全くの間違いで、今度も日本は確実に負けます。加担するならアメリカも負けて、今度こそアジアから完全に撤退することになるでしょう。軍事力や情報操作類の小細工で一時的に優勢を占めることはできても、最後に必ず負ける、それが日米同盟とそれに依存する人々の運命なのです。
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古