2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:26 Jul 31 2012

中国漁船団が南沙諸島の漁場に到着

 海南省を出発した30隻の中国漁船団が15日午後5時頃、南沙(英語名スプラトリー)諸島・永暑礁周辺海域(北緯10度)の漁場に到着した。漁船団は12日に三亜港を出港。78時間後の15日午後3時頃に永暑礁の施設が見える地点まで到着した。午後5時頃、中国の漁業監視船「漁政310」の誘導の下、永暑礁周辺海域に投錨。5-10日間操業する予定だが、具体的期間は実際の操業状況を見て決める。

 永暑礁は南沙諸島にある珊瑚環礁。南沙諸島は中華人民共和国が領有権を有し、海南省三沙市の行政管轄下にある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古