2012年7月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:38 Jul 17 2012

丹羽大使が速やかに北京に帰任

 「釣魚島(日本名・尖閣諸島)をめぐる中日の対立は新たな段階に入る」との海外メディアの推測は、日本の丹羽宇一郎駐中国大使が16日午後に北京に帰任したことで急速に静まった。日本政府は丹羽大使に北京と東京をとんぼ返りで往復させたが、煽り立てられた一部民衆の感情は急速には収まりがたい。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 日本の最有力紙・読売新聞が16日に発表した世論調査では、日本人の65%が「政府による釣魚島の国有化」に賛成し、反対はわずか20%だった。産経新聞は丹羽大使を「処分せずに帰国させた」ことで「中国への抗議の意味合いが薄れてしまった」と批判した。現在日本では釣魚島問題への関心が高まっている。対中強硬姿勢が主流で、一般の市民ですら「日中が開戦すればどちらが勝つか」について議論している。

 「中日関係は客観的に見て、一段と複雑で予測困難な時期にすでに入った。そしてこの時期は10年以上続くかもしれない」。清華大学の劉江永氏は16日の取材にこう指摘した。こうした予測と呼応するように、野田首相が8月15日に靖国神社を参拝するとの報道が日本で流れた。

 だが在中国日本大使館は16日、環球時報の取材に「野田首相は就任時『靖国神社参拝に関しては、総理と閣僚は公式参拝しないとの歴代内閣の方針を引き継ぐ』と明確に表明した。これと異なる状況が生じたとは外務省も聞いていない」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月17日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古