2012年8月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:57 Aug 14 2012

両岸の民衆の多数は釣魚島防衛を支持

 釣魚島(日本名・尖閣諸島)の領有権をめぐる中日間の紛争に新たな進展があった。共同通信は18日、日本政府が東京都の釣魚島上陸申請を当面保留扱いとする方針だと報じた。読売新聞は16日、「日本政府の釣魚島国有化」に65%の回答者が賛成したとの世論調査を発表した。両岸の中国人の主流はどのような考えなのだろうか。「環球時報」傘下の環球民情調査センターは中国大陸部7都市の住民を対象に釣魚島紛争に関する世論調査を実施。台湾「中国時報」傘下の旺旺中国時報世論調査センターも台湾22県市の住民を対象に同じテーマで調査を実施した。環球時報が伝えた。

 この結果、大陸では9割、台湾では4割の回答者が「軍事手段を含む各種手段による釣魚島防衛」を支持。大陸では8割以上、台湾でも過半数の回答者が「両岸当局による釣魚島の共同防衛」を支持した。大陸では過半数、台湾では4割の回答者が「釣魚島紛争は最終的に中日間の軍事対立を招く恐れがある」と回答した。商務省研究院の日本問題専門家、唐淳風氏は18日「世論調査は『激しく怒っているが客観性を失わない』という両岸の民意をある程度反映している。これは中国の民間感情がまだ本当にはかき立てられておらず、『日本の政府と世論が断崖で乱舞するなら、あらゆる事態が起こり得る』ということも示している」と指摘する。

 釣魚島紛争が中日間の軍事対立を招く可能性について、大陸では「非常にあり得る」が8.7%、「ややあり得る」が43.4%、可能性に否定的な回答が38.9%だった。台湾では「非常にあり得る」が10.6%、「あり得るかもしれない」が29.4%、可能性に否定的な回答が42.7%だった。「釣魚島の領有権紛争への対応において両岸の間に黙約または連携があるか」については、大陸では6割以上が何らかの程度の黙約または連携があると回答したが、台湾では3割に達しなかった。大陸では20.6%、台湾では36.8%の回答者が両岸間の黙約または連携の存在を否定。大陸部の85.3%の回答者が釣魚島問題における両岸の協力を支持。台湾では51.5%の回答者が程度の差はあれ支持を表明した。

 唐氏は「日本の野田首相が現在とっている行動はある程度において宣戦に等しく、被害を受ける側の強烈な反発を招くのは必至だ。両岸の世論に軍事的手段による釣魚島問題の解決に賛成する声が少なからずあるのも必然だ。日本は中国人民が友好を求めるのは戦争を恐れるからではないし、中国と対立して得することはあり得ないということを知るべきだ。いかなる時であろうと中国と敵対するのは日本の戦略上極めて誤った方向であり、全ての結果の責任を日本が負うことになる」と指摘する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古