2012年7月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:27 Jul 25 2012

中国は災害と闘う能力は高いのに防災能力は低いのはなぜか

 北京の豪雨は37人の命を奪い、周りの河北省でも昨日午後までに17人の死者と21人の行方不明者を出した。豪雨後の災害との闘いは力強いものだったと言えるが、残念なことに災害への防備は高い水準だったとは言えないのは明らかだ。災害と闘う能力は高いが、防災能力は低い。これが現代中国の実情だ。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 四川大地震の際の災害との闘いは日本の津波の際の被災者救済を見劣りさせるほど優れていたのに、火災や地震に対する日常の防備能力が日本などの先進国に大きく劣るのはなぜだろうか?

 体制上の優位のおかげで中国政府は危急存亡の時に各種の力を迅速に結集することができる。このため被災者救済活動は先進国よりも優れていることが多い。だが防災は全く別の話だ。防災には国の資源結集能力は余り役立たず、社会全体の安全意識や、安全強化のために大規模な取り組みをするという社会(政府と民衆を含む)の決意にかかっている部分が大きい。

 中国は全体として「金儲け第一」の段階にあり、お金を稼いで良い生活をすることが社会の日常的運行の潜在的車軸となっている。個人の生活や仕事の面では、より多くのお金と、より高い地位のためには安全性を一定程度犠牲にしても構わないという人が多い。生活水準の低い人ほどこの傾向は顕著だ。

 こうした価値指向は一部地方政府のレベルでも余り変わらず、その取り組みの方向性に深い影響を与えている。中国の各地方政府はおしなべて経済成長と民生に注意力の中心を注いでいる。だが民生に対する理解は人々に「良い生活をさせる」、つまり良い衣食住や交通手段のことで、最近ではこれに教育や医療も加わった。このような民生に対する理解では、政府は民間より優れているとはいえない。

 先進国社会の「安全」の概念は、中国ではまだまだ根付いていない。中国の大都市はハード面ではすでに先進国に少なからず近づいている。だが先進国が最も際立って中国よりも進んでいるのが安全だ。先進国社会では食品の安全性が高いだけでなく、交通や救援など生活と関係する各分野であらかじめ安全対策が講じられている。大規模な自然災害に対する社会の準備や個人の備えも中国の水準を遥かに上回る。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古