2012年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:05 Aug 01 2012

中国の戦略的好期はまだ終っていない

 中国の直面する国際的な戦略環境と周辺の安全保障環境は厳しくなりつつあるが、注目すべき積極的な点もある。防備に一段と拍車をかけなければならない面と同時に、積極的に進取して大きな成果を上げることのできる面もある。中国の戦略的好期はまだ終っていない。中身に変化が生じただけだ。(文:袁鵬・中国現代国際関係研究院美国研究所所長。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

 国際環境全体を見ると、最も目立つ大事件として欧米債務危機と西アジア・北アジア情勢の変動がある。前者は今後3-5年間、欧米各国にとって苦境からの脱却、経済復興、戦略の縮小、体制変革が最重要かつやむを得ない選択になることを意味している。一方中国は経済モデル転換の重大な試練を抱えているものの、経済情勢全体はなお比較優位にある。後者は今後相当長期間、西アジア・北アフリカが大国の注目と駆け引きの重点地域であり続けることを意味する。これはまず、この地域で長年駆け引きを繰り広げている米国、欧州、ロシアの戦略の行方に衝撃的影響を与え、それゆえに中国の創造的介入に歴史的チャンスをもたらしもする。

 上記の事態は自ずと波及効果を持ち、中国の発展に不可避のマイナスの衝撃をもたらす。だが明確にしておくべき基本的事実として、「震央」は中国ではなく他国にあり、中国に影響が及ぶのは今日ではなく明日なのだ。足並みの過度の乱れ、または潜在的リスクの過度の前倒しは正しい姿勢ではない。歴史が証明するように、中国の戦略的好期は往々にして国際情勢の変動をしっかりと捉えた結果であり、足元をしっかりと固め、情勢を見極め、適切な策を練れば、現在の大変動の中から新たなチャンスを創造することが依然として可能なのだ。

 周辺環境を見てみよう。現在の周辺情勢に対して悲観的な見方が少なからずあるが、これは主に(1)米国の戦略的重心の東へのシフトは全面的に中国を封じ込めようとするものだ(2)関係国はすでに米国と臨時同盟を結び、海洋紛争で中国との徹底的な対立を準備している--との2つの認識に基づくものだ。こうした認識は決して間違いではないが、やや単純に過ぎるきらいがある。

 まず米国の戦略のアジア太平洋回帰を見てみよう。中国要因はもちろんその重大な誘因だが、唯一の標的では断じてない。これは政治、経済、軍事、外交に及ぶ全局的で重大な戦略調整であり、東アジア統合のプロセス、国内経済の復興、ポスト対テロ時代の軍事配備の再構築、同盟関係の崩壊の防止なども重要な原因だ。1つ明らかな事実は、1990年代以降、日本、韓国、オーストラリア、フィリピン、タイといういずれの同盟国でも「脱米入亜」「米国と距離を置き中国に接近」という姿勢が生じていることだ。このためオバマ大統領の回帰戦略とは、摩擦を利用し、飴と鞭で同盟関係を再構築しようとするものなのだ。在沖縄米軍のグアム島移転、韓米軍合同作戦指揮権の2015年までの延長は、中国を公然と狙う一面と共に、同盟国を隠然とコントロールする魂胆もある。両者は共に米国の新アジア太平洋戦略に資するものだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古