2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:27 Jul 31 2012

環球時報社説:東アジアで安全保障上の不安を抱えているのは日本だけではない

 日本が31日に発表した2012年度防衛白書は、中国の軍事力に多くの紙幅を割き、中国への強い警戒をはっきりと示している。白書は中日関係をまた一歩対立へ近づけた。日本は「中国への警鐘」を最も強く鳴らす国になったようだ。

 中国に対する日本の警戒心は理解できる。中国の台頭は不確定性をもたらし、日本は日中のパワーバランスの急速な変化に適応できずにいる。長い間アジアで最も力のある国だった日本が総合国力で再び中国に追い抜かれることを望まず、若干驚き慌てさえするのも不思議なことではない。

 だが日本は中国に対する警戒感情を何ら自制せずに放置して、それが自国の行動を次第に主導するようになり、さらに中国と他のアジア諸国の行為に影響を与え、東アジア情勢を解決不能に陥らせ、最終的に方向転換の余地を失うような事態を招いてはならない。

 集団安全保障体制を欠く東アジアでは、どの国も安全感を欠いている。中国も同様だ。中国は米国の「アジア回帰」の意図に重大な疑念を抱いている。中国の軍事力がどんなに発展しようと、米国とその同盟国を合わせた軍事力と比べれば、劣勢を挽回できる望みは相当長い期間ない。日本には米日軍事同盟という後ろ盾があるが、中国には「共同防衛」してくれる国があるだろうか?

 韓国と朝鮮も安全でないと感じている。東南アジア諸国で自国が「とても安全」だと感じている国もほぼない。「安全保障上の苦境」が東アジアの全ての国を苦しめている。安全保障の面から見ると、日本は少なくとも北東アジアの前列にいると言えるはずだ。

 総合国力が依然強大で、安全保障も全体として相当高いレベルにあるのに、中国の脅威にさらされていると大声を上げ、地域内の戦略の相互不信を強める。日本が北東アジアを悪い方向へ導いているのは確かだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古