2012年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:00 Aug 01 2012

中国の真の試練はどこにあるか

 中国は発展の戦略的チャンスに対して自信を保つべきだが、自らの試練の在処も十分に認識しなければならない。実際には中国の試練は眼前ではなく、今後5-10年間にある。真の難題は国際情勢や周辺情勢ではなく、国内の体制変革と社会環境にある。真の脅威は軍事衝突ではなく、金融、社会、ネット、外交といった非軍事的問題にある。(文:袁鵬・中国現代国際関係研究院米国研究所所長。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

 今後5-10年間で中米のパワーバランスは量的変化から質的変化への飛躍が一段と進む。権威ある国際機関は中国は2020年前後に経済規模で米国を上回るとの見解で一致している。その時には軍事力、科学技術力も具体的に向上する。米国の戦略界は中国の台頭に関して、3つの根本的問題に考えを集中させている。(1)13-15億人の人口大国の台頭がもたらす資源、エネルギー、経済上の試練にどう対処するのか?(2)社会主義大国の台頭がもたらす政治制度、発展モデル、価値観念上の試練にどう対処するのか?(3)主権・領土保全問題をまだ完全には解決していない大国のもたらす軍事・安全保障上の試練にどう対処するのか?

 これは中米の現在の角逐は序章に過ぎず、真の戦略の力比べはまだこれからであることを意味している。いかにして意識を調整・適応し、戦略を調整し、これらの難題を解決して、経済規模で中国が米国を上回った後の両国関係を受け止めるかが、考えなければならない戦略上の大きな問題となる。

 各主要国にとって今後3-5年間は苦境を出して回復するための正念場だ。各国は現在期せずして、対内的には体制的な変革の深化、対外的には戦略空間の追求に等しく取り組んでいる。これは米国ではオバマ「新政」と戦略のアジア太平洋回帰、欧州では債務危機をめぐる体制・制度変革と西アジア・北アフリカの変動への積極的な介入、ロシアでは「プーチン・メドベージェフ体制」を利用した対内的な経済復興の追求、対外的な「ユーラシア連合」の設立と極東固めという形を取っている。

 米欧諸国が難関を乗り越え、新たな体制的変革を完了し、現在起きつつある新たな技術革命および産業革命の支えとなれば、中国の戦略的好期にとって真の衝撃となる。中国にとって目下真の試練は、いかにして周辺情勢を冷静に見つめ、取り組みの重心を国内の体制・制度の整備と経済・社会の再生へと転換し、最終的な総合国力競争に勝利するかだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古