2012年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:08 Aug 01 2012

中国軍は世界の平和を守る重要な力

 国務院新聞弁公室は7月31日、「中国軍は世界の平和を守る重要な力」とのテーマで記者会見を開いた。耿雁生・国防部新聞事務局長、呉喜●・人民解放軍参謀本部応急弁公室副主任、王永勝・人民解放軍総政治部弁公庁政研室副主任、賈祥玉・人民解放軍総後司令部戦勤計画局長、林柏・人民解放軍総装綜合計画部総合局副局長が説明を行い、記者の質問に答えた。人民日報海外版が伝えた。

 ■中国軍は世界の平和と安定の維持に重要な貢献をしてきた

 耿雁生氏は「中国軍は世界の平和と安定の維持に重要な貢献をしてきた。積極的に国際問題に参与し、対外軍事関係を拡大し、150カ国余りと軍事関係を築き、22カ国の防衛当局や軍隊と制度化された戦略協議や防衛対話を行い、30カ国余りと延べ50回余りの合同軍事演習や訓練を行い、各国の軍と友好的交流や軍事的な相互信頼を強化した。中国は23の国連平和維持活動(PKO)に各種人員延べ2万人余りを派遣しており、国連安保理常任理事国の中で最も多くPKO要員を派遣している。現在も2000人近くの将兵が11のPKO地区で活動している」と説明した。

 ■中国軍は党の軍隊であるとともに国の軍隊、人民の軍隊でもある

 中国の軍事体制について王永勝氏は「中国共産党は政権党であり、党と国による軍の指導は高度に統一されている。このため我が軍は党の軍隊であるとともに、国の軍隊、人民の軍隊でもある」「歴史的状況から見て、世界には中国の軍事制度を俎上に載せ、軍の非党化、非政治化、国軍化などの誤った観点を撒き散らす者が常におり、中国共産党の指導からの脱却を煽動する者さえいる。これは魂胆のあるものであり、われわれは断固反対する」と述べた。

 ■中国軍は世界の先進的軍事水準と比べるとまだ開きがある

 中国の軍事力の発展をどう受け止めるかについて、呉喜●氏は「近年来、わが国は自らの安全保障・防衛上の必要に基づき、計画的に武器・装備整備を強化し、新型武器・装備を相次いで開発、刷新した。だが世界の先進的水準を比べると数量においても技術性能においても、まだ大きな開きがある。主要装備は旧世代のものであり、老朽装備の割合が大きい」と述べた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古