2012年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:23 Aug 02 2012

米国務省が国別テロ報告書を発表

 米国務省は7月31日、2011年の国別テロ報告書を発表した。報告はアルカイダについて「引き続き米国の安全保障への永続的かつ深刻な脅威になっている」「アラビア半島のアルカイダ(AQIM)が特に深刻な脅威」と指摘した。

 報告はイランを「主要なテロ支援国」と位置づけ、テロを「政策手段」にしていると指摘。イラクのシーア派過激武装組織に武器を供給し、訓練を実施していると非難した。またイランの支持するヒズボラやパレスチナのハマスが中東の安定を破壊し続けていると強く非難した。

 報告はさらにキューバ、スーダン、シリアを「テロ支援国」に指定。単独行動のテロリストが米国への脅威になっているとも指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月2日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古