2012年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:19:11 Aug 09 2012

薄谷開来の初公判始まる 英国人毒殺事件



 英国人実業家を毒殺した罪で起訴された薄谷開来被告の初公判が9日、安徽省合肥市の裁判所で始まった。中国国営・新華社通信のウェブサイトが伝えた。

 起訴状によると、薄谷開来被告は英国人実業家ニール・ヘイウッド氏と金銭をめぐるトラブルから、ヘイウッド氏が自分の息子に危害を加える恐れがあると考え、殺害を決意。中国共産党重慶市委員会弁公庁の職員で家族の使用人だった張暁軍被告と共に、北京にいたヘルウッド氏を重慶に誘い出した。11月13日夜、ヘイウッド氏が宿泊する重慶市内のホテルで一緒に酒を飲み、酔って嘔吐(おうと)したヘイウッド氏が水を求めた際、事前に用意してあった毒薬をヘイウッド氏の口に含ませ、殺害した。

 検察側は「両被告が被害者を毒殺した事実は明らかで、十分な証拠が揃っている。刑法第232条に基づき、殺人罪の刑事責任を追及すべき。薄谷開来被告が主犯で、張暁軍被告が共犯に当たる」と主張した。

 法廷では、検察側による証拠提出のほか、証人供述、両被告が自ら依頼した弁護人2人による弁護陳述、被害者遺族が依頼した代理人による意見陳述が行われた。両被告と被害者の親戚・友人や英大使館関係者、記者、全国人民代表大会代表、全国政治協商会議委員ら計140人余りが傍聴した。

 法廷審問の終了後、休廷が宣言された。判決は日を改めて言い渡される。(編集YT)

 「人民網日本語版」2012年8月9日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古