2012年8月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:50 Aug 14 2012

日本の宮本前駐中国大使が日中関係について講演

講演する宮本氏

 日本の宮本雄二前駐中国大使は12日、「世界の潮流の中の日中関係」と題する講演を中国語で行った。宮本氏は「日中両国は世界の主要経済大国であり、一方が栄えれば双方が栄え、一方が傷つけば双方が傷つく。アジア太平洋地域だけでなく、世界全体の発展と安定に対して重要な役割を果たしている」と指摘した。

 1972年に日本の田中角栄首相が周恩来総理の招待を受けて訪中。双方は共同声明を発表して中日間の不正常な状態に終止符を打ち、正式に外交関係を樹立した。これによって中日関係の「氷が割られた」。中日国交正常化40周年を記念するため、両国政府は今年を「中日国民交流友好年」と定めた。

 だが今年に入り、双方間の摩擦や紛糾が日増しに顕在化し、両国の友好関係も試練にさらされている。日本のNPOと中国日報が共同実施した世論調査では、日本人に対する中国人の好感度が昨年と同水準の64.5%を維持する一方で、中国に好感を持たないとする日本人の割合は昨年の73.8%から84.3%に増加した。

 これについて宮本氏は「中日両国は現在様々な困難に直面している。そうであればあるほど、中日関係の『出発点』に立ち返って問題を見なければならない。1972年に中日両国の指導者は新たな二国間関係の構築を宣言した。その出発点は、第1に『かつて両国間に発生した衝突は重大な悲哀をもたらした。このような歴史を繰り返しては断じてならない』、第2に『自国とアジア太平洋地域全体の繁栄と発展のため、両国は協力しなければならない』というものだ。まさしく戦争を経験した指導者である彼らが慎重な思考を経て、国交を回復して新たな国家間関係を樹立することを決意したのだ」と述べた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
間(ハザマ) 力(ツトム)   2012-08-13121.114.199.*
大学時代、石川忠雄(元日中友好21世紀委員会日本側座長)氏のゼミに在籍受講していたものであるが、日中関係については何時も心の奥底に深く残っている。現今の日中関係については必ずしも深い信頼と友誼とで結ばれているとは言い難いが、この事態に立ち至ったのは、日本側の対米依存の姿勢を作り出した日本側の責任だと思っている。思い返せば中華民国が台湾に逃れたのを皮切りに、米国の露骨なまでの台湾政府武力支援が未だに日本では尾を引いている。過去のそうした歴史的経緯をよく認識し、今後の中日関係の友好を図る共に、市民相互の関係改善に取り組みたい。
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古