2012年8月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:35 Aug 15 2012

シリア問題:国連以外の枠組みを設けようとする企てに警戒せよ

 数々の兆候は、一部西側の大国がシリア問題について国連の枠組み外での解決を検討しているとの噂が決して根も葉も無いものではないことを示している。

 シリア政府軍と反体制派の激戦は絶えることがなく、暴力がエスカレートし、大量の難民が国外に逃れている。シリア問題について国連とアラブ連盟の特使を務めるアナン氏は今月末に辞任する。シリア問題の政治的解決のプロセスは、かつてない試練に直面している。

 この重要な時期に中国はシリア大統領特使を招待した。近くシリア反体制派組織を招待することも検討している。これはシリア問題の政治的解決を促すために行った中国の新たな外交努力であり、国連安保理常任理事国としての世界平和に対する高度の責任感の表れである。

 シリア問題の唯一の出口は政治的解決にある。政治的解決のプロセスを切り開けるか否かは、最終的にはシリア政府と反体制派の選択にかかっている。これは中国が一貫して堅持している原則的立場だ。このため中国は一貫してシリア政府と反体制派への働きかけを積極的に行い、アナン特使の6つの提言、安保理決議、ジュネーブ外相会議声明を的確に実行し、直ちに戦闘と暴力を停止し、市民を的確に保護し、政治対話を通じて危機を解消するよう各方面に促している。

 シリア問題解決の鍵はシリア人民が握っているが、国際社会の支持も不可欠で、国連安保理関係国間の調整と協力が極めて重要だ。一部西側の国はシリアで「政権交代」を実現するとの目標を放棄しておらず、反政府武装勢力への支援を拡大し続け、最近では「飛行禁止空域」設定まで公に討議している。これによって安保理内の団結は破壊され、国際社会は合意を形成できなくなり、アナン特使の調停努力も成果を挙げられなくなった。数々の兆候は、一部西側の大国がシリア問題について国連の枠組み外での解決を検討しているとの噂が決して根も葉も無いものではないことを示している。

 シリア問題の政治的解決を遅らせれば、シリアは一層凄惨な内戦に陥り、中東情勢も一層混乱する。中国はシリア問題で私利がなく、国連の枠組み内で一日も早く公平、公正、適切な解決を実現すべきとの立場を堅持している。これはシリア国民の根本的利益に対する責任であり、国際関係システム全体の安定に対する責任でもある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古