2012年8月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:27 Aug 15 2012

日本の閣僚が靖国参拝 野田首相の求心力が低下

 日本の閣僚である松原仁国家公安委員長が敗戦記念日の今日午前、東京九段北の靖国神社を参拝した。羽田雄一郎国土交通相も超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」メンバーの1人として参拝した。野田佳彦首相が以前、閣僚に靖国参拝の見送りを求めたにもかかわらず、一部の閣僚と超党派の議員が参拝したことには公然たる造反の意味があるようだ。「綜合中広網」と「人民網日本頻道」が伝えた。

 野田首相は閣僚への拘束力を本当に失ったのだろうか?過去2年8月15日に閣僚の参拝はなかったのに、なぜ今年は突然参拝する閣僚が出たのだろうか?日本問題の著名な専門家、高洪氏は次のように分析する。

 これまで民主党は一貫して閣僚の靖国参拝を規制しており、軍国主義の亡霊を参拝しに行った閣僚はいなかった。これは古株の保守政党である自民党と政治理念で区別をつける目的に加え、戦争被害国との関係修復や、自らの強硬な外交政策とのバランスを図る目的もある。今年2閣僚が参拝したことは、政治的に民主党内閣が右傾化、後退していることの兆候だ。もちろんわれわれは野田首相や玄葉光一郎外相など主要閣僚が参拝しなかったことにも留意しているが、どうあろうと閣僚に対する野田首相の拘束力が明らかに低下していることは確かだ。

 少しもはばかることなく靖国神社を参拝する閣僚が出たことには、日本の内政上の問題もあれば、閣僚自身の政治観念上の問題もある。外的にはある種の刺激を受けてのものとも言える。周知のように最近日本と中国、韓国、さらにロシアとの間に領土紛争問題が起きた。こうした問題を受けて日本国内の政治的雰囲気は民族主義感情が高まる方向へ変化した。歴史認識問題において逆行している閣僚がいるのはこのためだ。これは日本の政局に間もなく新たな分裂が生じることを告げている。1つかなり明らかなのは、日本はこうした焦燥と不安の中、未処理の歴史案件を覆す方法で戦争被害国に挑戦し、自らの必要とする政治的雰囲気を醸成すると同時に、東京裁判の判断を覆そうとしているが、結局これは日本を孤立化させ、日本の尊厳回復といった彼らの期待する目標からどんどん遠ざかっていくだけだということだ。

 (こうした行為は野田政権の対外政策に影響を与えるか)確実に変化はある。靖国神社を参拝する閣僚が出たことで、戦争被害国から批判が出るのは必至だからだ。野田政権は外交、特に領土紛争において周辺国と摩擦を起こしており、戦争被害国からの批判の声は日本政府内部の意見をある意味で後押しし、対外強硬勢力が表に出てくることになるかもしれない。いずれにしても野田首相本人は歴史認識問題で周辺国と対立することは望んでいない。自身も相当保守的で首相就任前には靖国参拝を繰り返しているが、それを外交闘争と直接一緒にすることも敢えてしない。したがって潜在的な影響は明らかに存在する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古