2012年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:06 Aug 16 2012

歴史観を正さなければ自らを律することができない日本

 8月15日は歴史と現実は切り離しがたく、歪んだ意識は極端な行動を招く運命にあるということを、はっきりと映し出して見せる鏡だ。

 8月15日という普段とは異なるこの日、日本は隣国との関係を改善し、アジアの平和と安定に少しは有益なことをするために計画をしっかりと立ててみるのが当然だ。だが侵略戦争の暗い影から抜け出す力がなく、浮ついて落ち着きをなくしたこの国は、歴史問題と現実の問題の双方で新たな面倒をもたらした。

 日本の閣僚2人と超党派の一部国会議員が公然と靖国神社を参拝し、戦争犯罪人の霊魂を呼び戻したのだ。閣僚の靖国参拝は2009年の民主党政権発足以来初だ。歴史問題で逆行し、アジア各国人民の感情を深刻に傷つけることは、一体何を意味するか。日本が明確に理解していないわけがない。歴史の最終結論に挑戦し、正当な道理と正義に盾突くことは道義の喪失であり、代償を支払わねばならない運命にある。

 不名誉な歴史を持つうえに「政治的に正しくない」事をしては、国際社会では立ち上がれない。どれほど経済発展し、どんな後ろ盾を得ても、尊厳のある大国にはなれず、ソフトパワーと言えるようなものも持てない運命にある。世界の寛大な許しを得られるか否かも気にかけないような心理状態にあるのなら、道理を説いても諭せないと見なすほかない。このような国に対しては親しくできないばかりか、厳しく警戒する必要がある。簡単な道理だ。非を認めないのなら、そのつけを払う日が遅かれ早かれ来るのだ。

 釣魚島とその附属島嶼(日本名・尖閣諸島)は中国固有の領土であり、中国が争う余地のない主権を有する。8月15日に日本側が釣魚島で中国公民を不法逮捕した件について、中国はすでに日本側に厳正な申し入れをし、中国公民の安全確保と即時無条件釈放を要求した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古