2012年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:49 Aug 16 2012

香港の釣魚島防衛船は船体が破損、帰航の見通しはつかず

日本海上保安庁の巡視船2隻が「啓豊2号」に衝突する瞬間。

 北京時間15日午後4時半、香港の釣魚島防衛船「啓豊2号」が釣魚島(日本名・尖閣諸島)に接岸し、うち7人が上陸に成功。国旗を立て、国歌を歌って主権をアピールした。香港紙・文匯報が伝えた。

 世界華人保釣連盟の李義強副会長は厦門(アモイ)で啓豊2号の成功を祝うとともに、乗組員の安全に深い憂慮の念を表明した。李氏は「乗組員は最年少でも40代、最年長で67歳だ。3日間の航海で体力はすでに尽きている。ひとたび日本側が非友好的な行動に出れば、彼らの安全を保証するのはさらに難しくなる」と指摘。さらに「『突進式』の上陸方法を採用したことに加え、日本側船舶が船首への衝突を繰り返したため、船首と船体の一部が破損し、舵も壊れている。さらに当初の計画では啓豊2号は燃料不足になるので帰航時に浙江省で給油するつもりだった。今は航路を再調整することしかできない。船体の破損状況から見て、日本側が船員14人を釈放したとしても帰航はかなり心配だ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古