2012年8月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:53 Aug 20 2012

日米が初の島嶼防衛軍事演習、釣魚島「攻撃奪還」を想定

 産経新聞によると日本の陸上自衛隊は今月21日から9月26日の間、沖縄に司令部を置く米第3海兵遠征軍とグアム島やテニアン島で合同軍事演習を行う。防衛省は公式には「今回の演習は特定の国を仮想敵とするものではない」としているが、ある防衛省幹部は「事実上、釣魚島(日本名・尖閣諸島)に『中国軍が侵攻』し、日本側が奪還する事態を想定している」と明かしている。陸上自衛隊はこれまで米第3海兵遠征軍や米第1海兵遠征軍と合同軍事演習を重ねているが、実際の島嶼を演習場とするのは今回が初めてだという。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月19日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古