2012年8月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:22 Aug 22 2012

竹島問題:日本が国際司法裁判所への共同提訴を提案 韓国政府は取り合わない姿勢

 日本政府は21日、竹島(韓国名・独島)問題の関係閣僚会議を首相官邸で開き、竹島問題の国際司法裁判所への共同提訴を韓国側に正式提案することを決定した。

 NHKの21日の報道によると、野田佳彦首相は会議で「竹島は日本の固有領土だ。韓国の李明博大統領と閣僚の竹島訪問は極めて遺憾であり、日本として断固たる対策を講じ、日本側の提案に応じるよう韓国側に求める必要がある」と述べた。野田首相は国際司法裁判所への提訴以外にも対抗措置を検討するよう各閣僚に指示した。

 共同通信によると日本大使館の大槻耕太郎参事官が21日に韓国外交通商省を訪れ、竹島問題の国際司法裁判所への共同提訴を正式に提案するとの日本政府の外交文書を手渡した。韓国の金星煥外交通商相は日本側の提案について「一顧の価値もない」と述べ、取り合わない姿勢を示した。

 韓国外交通商省の趙泰永報道官は21日「歴史的、地理的、そして国際法上も独島は明白な韓国固有の領土であり、領土紛争自体が存在しない。したがって独島問題の国際法裁判所への提訴という日本側の提案は全く考慮に値しない。日本側の口上書に対して韓国は自らの立場を再び強調するが、提案に応じることはない」と強調した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古