2012年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:27 Aug 23 2012

韓国メディアが不満「日本は弱い者いじめをし、強い中露には言いなり」

【中日対訳】

 李明博大統領の独島(日本名・竹島)上陸に抗議するため帰国していた日本の武藤正敏駐韓国大使が昨日ソウルに帰任した。領土紛争について国際司法裁判所への提訴を受け入れるよう韓国政府を説得する。日本が次々に圧力を加える中、韓国では激しい怒りが広がっている。

 韓国の評論家は、日本は「ダブルスタンダード」だと指摘する。韓国紙「朝鮮日報」は22日付社説で「日本は同じく島嶼紛争を抱える中国やロシアには『最低限の措置』しか講じないのに、韓国には報復措置を次々に打ち出している。ロシアや中国に対して何でも言いなりの日本が、韓国に対してだけは牙を剥く」と主張した。同様の不満は他にも多く聞かれる。「韓国経済」は「こうした『弱い者をいじめ、強い者にはぺこぺこする』姿勢は『島国の日本に固有の習性』によるものだ」とさえしている。

 米国では、アジアの主要同盟国である日韓両国の関係が悪化し続けていることについて「中国は喜んで手を叩いているだろう」と懸念するメディアもある。これはやや了見が狭い。中国と日本の領土衝突はさらに激しいのだ。釣魚島(日本名・尖閣諸島)購入を公言している東京都は22日、釣魚島上陸を再び申請した。上陸予定日は29日だという。野田政権はこれを許可するだろうか?1つ確かなのは、もし東京都が釣魚島に上陸すれば、中日間の衝突の一層の激化は避けがたいということだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月23日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古