2012年8月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:45 Aug 24 2012

島嶼紛争で互いに譲らぬ日韓

 日本の野田佳彦首相は23日午後の衆院予算委員会の答弁で「海洋国家である日本にとって領土、領海は極めて重要だ。領土、領海をめぐって生じる事案については不退転の決意で毅然とした対応をしていく」と述べた。

 玄葉光一郎外相は22日の参院決算委員会で、韓国による竹島(韓国名・独島)の実効支配について「不法占拠だ」と批判した。日本外務省によると、竹島問題について外相が公の場で「不法占拠」という言葉を使ったのは民主党政権発足以来初めてだ。

 韓国外交通商省の趙泰永報道官は23日、野田首相が李明博大統領宛に送った親書を返送すると発表した。趙氏は「日本側の主張は不当だ」と述べ、親書が両国首脳間で独島(日本名・竹島)問題が議論される前例となる恐れがあること、独島問題の国際問題化に利用される恐れがあることを指摘。「韓国政府は日本外相のいわゆる独島不法占拠発言に強く抗議する。発言を直ちに撤回し、同様の事態の再発を防ぐよう日本側に促す」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古