2012年8月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:19 Aug 24 2012

韓国が日本の首相の親書を返送 日本メディア「宣戦布告に近い」

 韓国政府は23日、日本の野田首相が李明博大統領に宛てた親書の返送を決めたが、日本側に受け取りを拒否された。日本政府は韓国側の行動を外交慣例上あり得ないと公に批判し、不快感を示した。日本の産経新聞は論説で韓国政府の行動について「対日宣戦布告に近い」と指摘した。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 韓国の聯合ニュースによると東京の韓国大使館参事官が23日、野田首相からの親書を日本政府に返送しようとしたが、日本外務省に面会を拒否された。日本外務省は参事官の車が構内に入ることすら許さず、参事官は正門の外で1時間余り待って帰るほかなかった。韓国政府が他国の首脳からの親書を返送するのは極めて異例だ。

 日本側の反発は激しい。日本の共同通信によると野田首相は23日午後の衆院予算委員会で、李大統領は天皇に謝罪を要求した発言を直ちに撤回し、謝罪すべきだと述べた。また天皇から韓国を訪問したいと要請したことはないと改めて表明し、李大統領の発言内容は「相当に常識から逸脱している」とした。藤村修官房長官も親書の返送という韓国側のやり方に「外交慣例上、首脳間の親書が送り返されるような例は通常あり得ない」と強い不快感を示した。日本外相は韓国は「竹島(韓国名・独島)を不法占拠している」と述べた。日本メディアによると、国会は竹島を早急に実効管理下に置くよう政府に求める決議案を採択する予定だ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古