2012年8月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:16 Aug 29 2012

環球時報社説:中国抑止を放棄することが中日関係緊張緩和の鍵

 日本の野田首相が政府高官を通じて中国の胡錦濤国家主席に親書を送る。日本側によると野田首相は親書で釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題をめぐる中日関係の緊張に懸念を表明したうえで、両国が大局的観点から戦略的互恵関係を促進することへの希望を表明しているという。

 われわれはこれが、中日間の摩擦がこれ以上激化することを望まないという日本側の重要なメッセージであると信じたい。日本政府が繰り返し「必要時には釣魚島地域に自衛隊を派遣する」と表明し、日米安保条約は「釣魚島に適用される」と強調した後、野田首相は柔軟な姿勢を示した。

 目下、中日間の紛争は絶えず、釣魚島摩擦は螺旋式に上昇し、日本の見せる顔は度々変化しているが、野田氏が中日関係の重要性を強調することは緊張緩和にプラスだ。

 だが日本にはより安定した対中姿勢が必要だ。中日間には具体的な摩擦がかくも多く、火を消したくとも消すことができない。中日間の戦略面の相互信頼を強化してのみ、大局を確保できる。そうすれば具体的問題がどれほど激化しようとも、両国の民意が鋭く対立することもない。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古