2012年8月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:33 Aug 30 2012

唐家セン氏「理性的な愛国ではない」 公用車襲撃事件を批判

 丹羽宇一郎・駐中国大使の乗った公用車が襲われ、日本国旗が奪われた事件について、中日友好協会の唐家セン会長(センは王へんに旋、元国務委員=副総理級)は29日、国交正常化40周年を記念する国際シンポジウムで、「理性的な愛国ではない」と批判した。
 
 唐氏は事件について「中国国民の願いや考えを代表するものではない。大部分の国民は理性的で、両国関係の健全で友好的な発展を望んでいる」と指摘。「現在、関連部門が調査に当たっている」とした。
 
 国交正常化40周年を迎えた両国関係については、「まさに『多事の秋』にあり、こうした事件が起こって誠に遺憾」としながらも、「健全で安定した長期的な発展は両国政府・国民の共通の願いと根本的利益に合致するもので、国際社会が広く期待するところであると確信している」と関係改善に自信を示した。(編集YT)

「人民網日本語版」2012年8月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古