2012年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:00 Aug 31 2012

温家宝総理とメルケル首相が中独政府間協議

30日に北京の人民大会堂で首脳会談と第2回中独政府間協議を行う温家宝首相とドイツのメルケル首相

 温家宝総理とドイツのメルケル首相は30日午後に人民大会堂で会談し、第2回中独政府間協議を行った。両国首相は会談で中独関係、欧州債務問題について踏み込んで意見交換し、重要な共通認識にいたった。政府間協議では外交、経済、科学技術、教育、環境保護など23の担当部門間協議の報告を受け、各分野の次の段階の協力について指示し、計画を立てた。

 温総理は「近年、中独関係は世界金融危機対策を契機に重要な成果を上げ、新たな発展段階に入り、広範で積極的な影響をもたらした。中独協力の深化は戦略的選択だ。双方は長期的観点から意志疎通と理解を強化し、相互尊重と互恵・ウィンウィンを堅持し、両国関係の長期的で健全な安定した発展を保つべきだ。これは両国の根本的利益に合致する」と述べた。

 メルケル首相は「独中は広範な利益を共有している。両国の上層部が頻繁に相互訪問し、各分野で緊密な意志疎通と調整を維持し、両国関係が多大な発展を遂げていることには重大な意義がある」と述べた。

 協議後、両国首相は2国間協力文書の調印式に出席し、共同記者会見にも臨んだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年8月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古