2012年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:12 Sep 06 2012

胡錦濤主席、APEC首脳会議出席のためロシアへ (2)

 中国外交部の馬朝旭外務次官補によると、胡主席はAPEC首脳会議において「成長のための統合、繁栄に向けた刷新」をテーマに、世界とアジア太平洋地域の経済発展を推進するにあたっての中国の観点と主張を述べるほか、今年のAPECの重要議題に対する観点と立場を明らかにし、過去20年来のAPECの発展の歴史を回顧し、APECの今後の発展を展望する。

 APEC・CEOサミットでは、胡主席は「インフラ建設の強化、持続可能な発展の実現」というテーマで基調演説を行い、安定成長・回復促進といった背景の中、中国のインフラ建設強化に向けた観点と主張を述べ、中国の経済情勢と経済政策を紹介し、商工界が中国の改革開放と現代化のプロセスに積極的に参加し、中国の発展チャンスと成果を共有することを奨励する。

 APEC首脳とAPECビジネス諮問委員会(ABAC)との対話では、胡主席は▽ドーハ・ラウンド交渉の推進▽地域経済の一体化促進▽サプライチェーンのリンク強化▽食糧安全保障の強化▽中小企業の発展促進▽イノベーション・成長・協力の強化--などの問題をめぐり、商工界の代表と意見を交換する。

 中国外交部は8月30日に行われたメディアブリーフィングにおいて、「中国側は今会議が、(1)ボゴール目標を核心とした貿易投資の自由化・便利化の推進、(2)食糧の安全の保護、(2)商品・サービス・人材のより便利な流動、(4)各加盟国の革新的成長能力の強化、および加盟国間の革新的発展の格差縮小--という4つの方面で積極的な成果を収めることを期待する」と表明した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年9月6日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古