2012年9月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:30 Sep 07 2012

胡錦濤主席がベトナム国家主席と会談 南中国海係争の政治的解決を強調 (2)

 チュオン・タン・サン主席は「越中の伝統的親善は両党、両国人民の貴重な財産であり、しっかりと守る責任が双方にある。『16文字の方針(善隣友好、全面協力、長期安定、未来志向)』と『4つの良きの精神(永遠に良き隣人、良き友人、良き同志、良きパートナーであり続ける)』の指導の下、越中の包括的・戦略的パートナーシップをたゆまず強化・発展させることは、ベトナムの党と政府にとって一貫した主張だ。中国側と共に努力してハイレベル交流の継続、政治的相互信頼の強化、経済貿易協力の推進、民間交流の拡充、国際・地域問題での調整や連携の強化を行いたい」と表明した。

 チュオン・タン・サン主席はまた、ベトナムの党、政府、人民を代表して第18回中国共産党大会の成功と、中国の特色ある社会主義を建設する過程で中国人民がさらなる成果を上げることを祈った。

 胡主席は「南中国海係争のために近年中越関係にいくつか困難が生じた。われわれにとって目にしたくない事態だ。南中国海係争の政治的解決、係争を棚上げにして共同開発する方針、二国間交渉と友好的協議、南中国海の平和と安定の大局の維持を堅持しなければならない。現在の情勢の下、双方は南中国海問題の意志疎通と協議に関する共通認識、および『中越海上問題の解決を導く基本的原則に関する協定』をしっかりと共同実行し、冷静さと自制を保ち、係争を拡大、複雑化、国際問題化させるいかなる一方的行動も控え、南中国海問題が東アジア協力と地域の安定の大局に影響しないようにしなければならない。両国政府間の国境交渉枠組みを十分に利用し、係争を管理・制御し、情勢を安定させ、溝を埋め、協力を推進する効果的な措置について検討し、話し合いの前向きな進展を促さなければならない」と強調した。

 チュオン・タン・サン主席は「中国側と共に、両国関係の戦略的利益の観点に立ち、両国指導者間の共通認識を真摯に履行し、平和的・友好的協議を通じて海上問題の一日も早い解決を促したい」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月7日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古