2012年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:15 Sep 13 2012

専門家:日本による「国有化」は中国が釣魚島を「失う」ことを意味しない (2)

 曲星:日本がいかなる行動を取ろうと、釣魚島およびその付属島嶼が中国に属するという歴史事実と法理上の根拠は変えられない。中国が釣魚島を「失った」というのは、日本のいわゆる「国有化」を余りにも買いかぶった話で、日本のわなにはまるものだ。

 釣魚島およびその付属島嶼は1895年に日本に乗っ取られた。日本政府は「国有化」によって釣魚島乗っ取りの法的根拠を強化できると考えている。だが実際には、釣魚島「国有化」は中国に対していかなる効力も生じえない。ちょうど奪った財物が泥棒一家の誰の手に預けられていようと盗品に変わりはないのと同じで、日本国内で釣魚島を何度転売しようと不法に乗っ取ったことに変わりはないのだ。根本的に言って、不法行為が合法的権利を生じないことは、どの法律でも基本常識だからだ。

 「島を盗んだ」後に、日本が200海里の排他的経済水域(EEZ)を主張するかどうかだが、これは根本的に不可能だ。12海里の領海でさえ中国は認めない。現在双方は「口」で権利を主張している。日本側が探査や開発などさらなる動きに出れば、「手を出した」ことになる。中国は必ず相応の措置を講じる。われわれはいつまでも彼らの挑発の程度に見合った報復措置を講じる。

 高洪:釣魚島問題は今日生じたものではなく、過去の特定の歴史時期に生じたものだ。清朝末期の甲午戦争(日清戦争)に敗れた後、釣魚島は日本に盗み取られた。冷戦時代、日本は米国に肩を持たれ、国際法に違反した状況の下でいわゆる「行政管轄」を実施した。現在中国は歴史のもたらした不平等な事態の転換に努力し、外交努力を通じて釣魚島およびその付属島嶼の主権を徐々に回復、奪回しようと努めている。このような時期にわれわれが国土を「失う」ことはない。21世紀の中国は19世紀や20世紀前半の中国ではない。改革開放を通じて、中国人は数十年の努力奮闘によって国の力を強めた。われわれには発言権があり、歴史の負債の返済、悪行の清算を求める力がある。みなさんは緊張や心配に及ばない。今日の中国が国土を失うことは寸土たりともない。(編集NA)

■関連報道
専門家:中国はどのように有効な反撃を行うか?
専門家:中日関係は短期的に動揺

 「人民網日本語版」2012年9月12日



[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古