2012年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:25 Sep 13 2012

国家海洋局が「保護規則」発表 釣魚島の領海基点の保護を明確化

 国家海洋局は中国の領海基点の保護を強化し、国の海洋権益を守るため、「領海基点の保護範囲の画定と保護の規則」を発表し、釣魚島とその付属島嶼(日本名・尖閣諸島)の領海基点の保護を明確化した。

 国家海洋局は「領海は国の領土の海における延長であり、国の領土の一部である。国は領海に対して領土と同様の主権を有し、この主権は領海の上空および海底とその下にも及ぶ。『国連海洋法条約』と『中華人民共和国領海及び接続水域法』の規定に基づき、わが国の領海は領海基線から12海里内であり、領海基線は隣接する領海基点間の直線を結んだものである」としている。

 同規則によると、国家海洋局が領海基点の保護範囲の画定と保護作業の監督、指導を行い、具体的な画定作業は領海基点のある省、自治区、直轄市の人民政府が行う。

 国家海洋局の呂彩霞海島管理局長は「釣魚島とその付属島嶼の領海基点の保護は、わが国の大陸沿岸島嶼の領海基点の保護と同様極めて重要であり、同様に『海監』による取締り、行政職員による監督・検査などの手段で保護を行う」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古