2012年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:35 Sep 13 2012

過ちを押し通して非を悟らぬ日本に良い結末はない

【中日対訳】

 中国政府と中国人民の強い反対を前にしても日本政府は過ちを押し通して非を悟らず、独断専行し、いわゆる「島購入」を強硬実施した。日本の政治屋の計算は一見聡明だが、実は愚かであり、その誤ったやり方は自縄自縛に陥るものであり、自ら恥をさらすことになるのは必至だ。(文:秦宏・人民日報特約論説員、国際問題専門家。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

 その一。日本は領土の完全性を守る中国人民の決意と能力を過小評価した。今日の中国は、貧しさと弱さが積み重なり、他国に踏みつけられる一方だった時代とはとうに決別している。もし日本側が、釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題で何をしようと中国側は呑むと思っているのなら、それは大きな間違いだ。中国は主権と国家の尊厳に関わる問題において、半歩たりとも断じて譲歩しない。中国の領土を侵犯する日本側のいかなる企ても思い通りにはいかない。

 その二。日本は自らに重い負担を背負わせている。釣魚島で「火遊びをするか否か」を、われわれが日本側に代わって決めることはできない。だが日本側の挑発が先で、中国側の正当な対応はその後だった。われわれはすでに道義上の重要なポイントを押えているのだ。中国はすでに釣魚島とその付属島嶼の領海基線を宣言した。これは主権管轄を体現する重要な措置であり、将来日本側が対応に窮し、進退ともに拠り所を失うのは必至だ。釣魚島に対するいわゆる「国有化」実施の方針に続き、野田首相は「島嶼とその周辺海域の警備を全力で強化する」と公言した。これと同時に藤村修内閣官房長官は「中国政府との意志疎通を強化し、誤解を取り除き、不測の事態を積極的に回避すべく努力する」よう呼びかけるとともに、協議のため外務省高官を中国に急遽派遣した。外見は強硬だがその実臆病な心理が余すところなく見える。こうなると分かっていれば、初めからするのではなかったのだ。もちろん、われわれはこれを戦略上ないがしろにし、戦術上重視する必要がある。時間はわれわれの側にあるのだ。われわれは自信と辛抱強さを保ち、自らの優勢を存分に発揮し、日本に交渉で利益を得させず、交渉しないならなおさらに利益を得られないようにすべきだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古