2012年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:15 Sep 13 2012

国務院、貿易促進の8政策を打ち出す

 国務院(政府)常務会議は12日、外需縮小や企業経営圧力の増大など貿易の発展が直面する問題に対処するため、「貿易の安定成長の促進に関する若干の意見」を採択した。増値税輸出還付のペースの加速、融資規模の拡大など8つの政策を明確にし、今後の貿易の安定的発展を政策面から力強く支え、無数の企業にプラスのシグナルを発するものだ。

 業界関係者は「『若干の意見』の採択はちょうどいい時期に行われた。8つの具体的政策は企業の関心が最も高い増値税輸出還付、輸出信用保険、貿易融資などをカバーしており、速やかに実行されれば今後の貿易の発展が促される」と指摘する。

 具体的には増値税輸出還付のペースの加速、融資規模の拡大によって企業の資金繰り圧力が効果的に軽減される。輸出信用保険の規模と対象の拡大、特に小規模企業への信用保険サービスの強化は、小規模企業が市場リスクへの恐れから受注に二の足を踏む現象に的確に「狙いを定めた」ものだ。通関費の引き下げは、企業の急速な利潤減少に焦点を合わせたもので、企業の負担軽減をしっかりとサポートする狙いがある。貿易摩擦への適切な対処、法に基づく輸入救済措置の実施は、保護貿易主義が強まる中、中国企業の合法的権益を守り、中国の対外経済・貿易の発展に良好な環境を築くために必要だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古