2012年9月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:14 Sep 14 2012

農業部漁業局:中国は釣魚島海域に対して争う余地のない漁業権益を有する

 釣魚島(日本名・尖閣諸島)海域での中国の漁業活動などについて、農業部(農業省)漁業局の担当者が13日、取材に応じた。

 記者:釣魚島海域における中国漁民の操業の歴史について紹介していただきたい。

 農業部漁業局担当者:釣魚島およびその付属島嶼はわが国の東中国海大陸棚、台湾省基隆市の北東約92海里の東中国海海域に位置する。主に釣魚島(日本名・魚釣島)、黄尾嶼(日本名・久場島)、赤尾嶼(日本名・大正島)、南小島、北小島、そしていくつかの小さな島嶼からなり、総面積は約6.3平方キロメートル、漁業区域面積は約1.2万平方キロメートルだ。釣魚島諸島は古来中国の領土であり、その周辺海域は漁場区分上、わが国の漁民がかねてから呼んでいたビン東漁場、台北漁場に属する。概算統計によると、福建省や浙江省など沿海省から毎年約1000隻余りの漁船が釣魚島海域に入り操業している。わが国の漁民は釣魚島海域において争う余地のない漁業権益を終始有している。

 記者:農業部は釣魚島海域の漁業保護、権益維持、取締り、管理をどのように行うか。

 農業部漁業局担当者:農業部は中国の法律と国から与えられた神聖な職責に基づき、東中国海および釣魚島海域などわが国の管轄海域で常態的な漁業保護巡視活動を堅持し、わが国の主権と海洋権、わが国漁民の生命と財産の安全権益を断固として守り、漁業生産秩序の維持、漁業資源の管理を強化する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古