2012年9月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Sep 14 2012

米国防長官が訪日し、釣魚島問題で立場を調整へ

 パネッタ米国防長官は16日に日本を訪問する。元々予定していた中国の梁光烈国防相の招待による訪中は、訪日後に行うことになった。釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題や米軍輸送機オスプレイの配備問題について日本政府と調整を行う。環球時報が香港中評社の報道を伝えた。

 日本政府関係者によると、パネッタ長官は16日に東京入りし、17日に森本敏防衛相や玄葉光一郎外相と会談。野田佳彦首相への表敬訪問も予定している。

 日本政府は11日の閣議で、中国の反対を顧みず、釣魚島およびその付属島嶼を20億5000万円で「購入」した。翌12日、中国外交部(外務省)は釣魚島問題について「釣魚島およびその付属島嶼は中国固有の領土であり、これには歴史的証拠と法的根拠がある。日本政府のいわゆる『島購入』は完全に不法で無効で、中国は断固反対する」と表明した。

 パネッタ長官の今回の訪問は多方面から注目される。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古