2012年9月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:27 Sep 14 2012

中華全国婦女連合会、日本の「釣魚島購入」受け声明発表

 中華全国婦女連合会は10日、日本による釣魚島の国有化を受け、以下のような声明を発表した。人民日報が報じた。

 日本政府は中国側の断固とした反対を顧みず、釣魚島及びその付属島嶼(日本名・尖閣諸島)の「購入」を宣言し、いわゆる「国有化」を行った。これは日本が中国の領土主権を公然と侵害する劣悪な行為であり、中国人民の感情を傷つけ、中日関係を損なった。我々はこれに対し、強い憤りと厳しい非難を表明する。

 釣魚島及びその付属島嶼は古来より中国固有の領土であり、歴史的・法的根拠がある。釣魚島及びその付属島嶼に対する日本側の一方的な主張は、完全に中国の領土主権に対する不法占拠であり、史実を顧みず、国際秩序に挑戦する不法行為である。我々は日本のいわゆる「島購入」行為に断固として反対し、中国の神聖な領土を侵害するいかなる国の行為も決して許容しない。
釣魚島及びその付属島嶼の主権を守り、中華民族の利益を守ることは、中国全国民の当然の責任だ。我々は中国政府が国家領土主権を守るために講じる必要措置を断固として支持する。我々は、日本側が中国の領土主権を損なう全ての行為を直ちにやめることを強く要求する。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年9月14日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古