2012年9月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:49 Sep 17 2012

外交部 日本人襲撃事件についてコメント

 外交部(外務省)の洪磊報道官は14日に定例記者会見を開き、記者からの質問に答えた。

 問:最近、上海で日本人が殴られた事件について中国側の意見は?また、本日中国の海洋監視船が釣魚島海域で巡視を行ったが、中国側はこの行動が衝突を引き起こす可能性について懸念を抱いているか?

 答:まず第1の質問について、中国人民は日本政府による中国の領土主権を侵害する行為および右翼勢力による理不尽な挑発に強い不満を表明し、断固として反対するが、それは日本人に対するものではない。中国は法治国家であり、中国での日本人の安全は法によって守られる。我々は中国国民に対し、法に基づき、理性的に訴えを表明することを求める。

 第2の問題について、釣魚島及びその付属島嶼は古来より中国古来の領土であり、その周辺海域は中国の管轄海域である。中国の海洋監視船が関連海域で巡視を行うことは正常な公務であり、非難されることでない。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年9月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古