2012年9月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:20 Sep 18 2012

国辱の日を銘記 中国には釣魚島の主権を守る力と自信がある

9月15日、「残暦碑」前で入党の誓いを復誦する党員の大学生警官。同日、武装警察遼寧国境警備総隊に新たに入隊した大学生警官100人が瀋陽市の「九・一八」歴史記念館を見学して学習。「歴史を忘れず、奮起して国家の富強を図ろう」をテーマにした愛国主義教育活動に参加した。

 9月18日というこの特別な日にあって、われわれは日本に注意を促す必要がある。「中華民族が他国に思うがままに虐げられた時代はすでに過ぎ去り、もう戻ることはない。歴史の最終結論に挑戦し、正しい道理や正義に盾突き、中国固有の領土である釣魚島(日本名・尖閣諸島)を高望みする悪辣な行為は失敗する運命にあるのだ」と。

 81年前の今日は中華民族にとって国辱の日だ。

 1931年9月18日深夜、日本の関東軍は九一八事変(柳条湖事件)を故意に引き起こし、中国東北軍の駐屯地と瀋陽に進攻。狂気じみた中国侵略戦争を開始した。九一八事変は中国人民抗日戦争の出発点だ。中華民族は万民が心を一つにして堅固な城塞を築き、共に敵に憤怒を抱き、国難に立ち向かい、最終的に抗日戦争の輝ける勝利を勝ち取り、世界反ファシズム戦争にも不朽の歴史的貢献を果たしたのだ。

 われわれは国土が陥落した当時の痛ましい歴史を忘れることは断じてできない。立ち後れ、分裂すれば殴られるという厳しい教訓を忘れることは断じてできない。侵略戦争を発動し、最終的に敗戦国に成り果てた日本も、正義と邪悪、光と闇の力比べに別の結末はないということ、中華民族が他国に思うがままに虐げられた時代はすでに過ぎ去り、もう戻ることはないということ、歴史の最終結論に挑戦し、正しい道理や正義に盾突き、中国固有の領土である釣魚島を高望みする悪辣な行為は失敗する運命にあるということを銘記しなければならない。

 釣魚島問題における日本のする事なす事は世界反ファシズム戦争の勝利の成果に対する公然たる否定であり、戦後国際秩序に対する重大な試練である。第二次世界大戦終結後、カイロ宣言とポツダム宣言に基づき、中国は日本に侵奪・占拠された台湾、澎湖諸島などの領土を取り戻した。釣魚島とその付属島嶼は国際法上、すでに中国に復帰しているのである。

 日本に中国の領土主権を公然と侵害させているものは何か?1つの重要な原因は、日本が過去の侵略戦争と植民地支配について真摯に悔い改める気持ちを持たず、軍国主義による侵略の罪の責任に対する正しい認識と深い反省を欠いていることにある。歴史観がしっかりしていなければ自らを律するのは困難だ。釣魚島とその付属島嶼のいわゆる「国有化」は、日本の誤った歴史観が現実世界で再び発作を起こしたものだ。この茶番は「歴史と現実は切り離しがたく、歪んだ観念は極端な行動を招く運命にある」ということを、はっきりと映し出す鏡だ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古