2012年9月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Sep 19 2012

日本側史料は釣魚島が中国に属すことを証明している

 台湾の国際法学界は釣魚島(日本名・尖閣諸島)について、中国が最も早く発見し、命名し、利用したものであり、甲午戦争(日清戦争)後に日本が窃取し、第二次大戦後に台湾と共に中国に返還されたとの認識で一致している。これは大陸側の見解とほぼ一致するものだ。人民日報海外版が伝えた。

 中国は遅くとも15世紀初めには釣魚島を発見しており、かつ台湾の付属島嶼として管轄を行った。釣魚島は1403年(明・永楽元年)刊行の『順風相送』で最初に言及されて以来、その数百年間、中国から琉球への冊封使(または副使)の記録に付属島嶼と共にその位置が記されてきた。1556年に日本に派遣された鄭舜功は『日本一鑑』で「釣魚嶼は小東(すなわち台湾)の小嶼也」と記し、地図も附した。

 海洋版図と軍事配備は釣魚島に対する中国固有の主権を示す最も有力な証拠だ。早くも明朝初めに釣魚島は倭寇を防ぎ止めるための海上の最前線として、中国の海防範囲に組み込まれた。清朝は明朝の手法を踏襲し、釣魚島などの島嶼を引き続き海防範囲内に組み込み、『皇朝中外一統輿図』にも編入した。1871年編纂の『重纂福建通志』は釣魚島が清代に海防巡視拠点に組み込まれたことをはっきりと示すだけでなく、台湾?瑪蘭庁(現在の宜蘭県)に属することを確定してもいる。

 いわゆる「先占」の原則によって釣魚島の「主権」を得たとする日本側の言い逃れは、歴史の白黒を顛倒させる完全な屁理屈であり、反駁にも値しない。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古