2012年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:08 Oct 24 2012

中日国交正常化40周年レセプションの延期について

 外交部(外務省)の定例記者会見で24日、洪磊報道官が質問に答えた。

 --1つ目に、27日に予定していた中日国交正常化40周年レセプションの開催を中国側が延期したことについてコメントは。2つ目に、中国税関は日本関連の輸出入貨物の検査を強化したが、これはいわゆる経済制裁によるものか。経済制裁は中日経済に悪影響を与えるとの懸念の声が専門家から上がっていることについてコメントは。3つ目に、今回の国連総会期間に中日外相会談を行うとの報道は事実か。

 1つ目の質問だが、中国人民対外友好協会と中日友好協会は中日国交正常化40周年関連行事について、適切な時期に行うよう調整することを決定した。今年は中日国交正常化40周年であり、本来なら双方が両国関係の一層の発展を促すチャンスだった。日本政府は不法な「島購入」に固執し、中国の領土主権を深刻に侵害し、中国人民の感情を傷つけ、中日関係を深刻に損なった。これによって引き起こされる一切の結果の責任は日本側が負わなければならない。

 2つ目の質問だが、そのような状況は耳にしていない。指摘しておく必要があるのは、中日の経済貿易協力は双方の利益に合致するが、日本の不法な「島購入」は中日の経済貿易関係の正常な発展に影響を与え、損なったということだ。これはわれわれが見たくない事態だ。これに対する責任は日本側は完全に負わなければならない。日本側は中国の領土主権を損なう全ての行動を直ちに停止し、交渉による係争解決の軌道に戻り、中日関係および各分野の協力の発展にプラスの環境を創り出さなければならない。

 3つ目の質問だが、私はこの方面の手配があるとは把握していない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月25日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古