2012年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:31 Sep 25 2012

国連総会の一般討論演説が25日に開始 領土・領海紛争が焦点に (2)

 ■領土・領海紛争が焦点に

 領土・領海紛争による日本と中国、韓国の関係の明らかな緊張に全世界が注目している。潘事務総長は「関係国首脳が国連総会参加時に会う機会を利用して、係争問題について穏やかに話し合うことを希望する」と述べた。アナリストは中日、日韓の島嶼の領有権をめぐる争いが国連総会の会場に持ち込まれることが、一般討論演説の一大注目点だと指摘する。

 日本メディアによると野田佳彦首相は引き続き日本の主張を強調し、強硬な姿勢で領土問題を解決すると表明した。アナリストは、野田首相は一般討論演説で釣魚島」(日本名・尖閣諸島)問題における日本の主張を明らかにし、米国、ベトナム、フィリピンの支持を獲得して、釣魚島の国際問題化を企てるだろうと指摘する。

 韓国メディアは、日本軍慰安婦など歴史問題の国連総会での提起を韓国政府が検討していると報道。だが具体的には野田首相の演説内容を見て決めるという。日本が係争中の独島(日本名・竹島)問題に言及した場合、韓国側も慰安婦を含む歴史問題多数に言及する可能性が高い。

 フィリピン政府は今月12日、中国の南中国海の一部水域を含むフィリピン諸島以西の海域を「西フィリピン海」と命名する行政命令を出し、このいわゆる正式地理名称を国連など国際機関に通達するよう外務省に指示した。このためフィリピンのデルロサリオ外相が国連での発言時に黄岩島(スカボロー礁)問題に言及するかどうかについても、多くの憶測が流れている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月25日


[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古