2012年9月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:12 Sep 28 2012

中国軍艦艇の釣魚島海域パトロールは正当で合法

【中日対訳】

 国防部(国防省)の楊宇軍報道官は27日午後の定例記者会見で、中日間の釣魚島(日本名・尖閣諸島)紛争における中国軍の行動や中国初の空母について質問に答えた。

 釣魚島紛争で中国軍がどのような行動をとったかについて、楊氏は「中国軍は国家の領土主権と海洋権益を守り、人民の平和と労働を防衛する責務を担っている。中国軍は常態的な戦備任務を堅持し、海と空で突発的事態に積極的に対処し、国家の領土主権と海洋権益を断固として守っている。また、日常の戦備に加え、海監、漁政当局と緊密に協力して、国家の海上法執行、漁業生産、石油・天然ガス開発などの安全を保障している」と述べた。

 釣魚島周辺海域で中国海軍のフリゲート艦2隻が巡航している件については「釣魚島およびその付属島嶼は古来、中国固有の領土だ。中国海軍艦艇が中国の管轄海域内で定例の戦備パトロールと訓練を行うのは完全に正当かつ合法なことだ」と述べた。

 中国の2隻目の空母が上海で建造中との外国メディアの報道については「不正確な報道だ。われわれは国家の経済・社会発展状況、国防と軍隊建設の必要に基づき、空母の発展・建造について全体的に検討する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年9月28日

■関連報道
国防部:空母戦闘群の構成・配置問題について回答

国防部:日本は実際の行動で信頼築くべき

国防部:空母の艦載機は国産機を基に自主開発

国防部:中国の2隻目の空母についての噂を否定

中国軍艦艇の釣魚島海域パトロールは正当で合法

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古