2012年10月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:36 Oct 05 2012

米国防次官「中国と強固な協力関係構築を」

 米国のカーター国防次官は3日、ワシントンで行われた中国軍事フォーラムで、米国のアジア太平洋における再均衡(リバランス)政策の一つは中国と「強固な協力関係」を構築することだと表明した。

 カーター次官は、米国のアジア太平洋における再均衡政策について、「一つの国や国のグループに対するものではなく、アジア太平洋地域の平和を確保し、この地域のすべての国が安全のよさを分かち合い、引き続き繁栄するためのものだ」と説明した。

 さらに、バネッタ国防長官の最近の訪中にふれ、「米中の強固な協力関係は、21世紀における世界の安全と繁栄を確保するため欠かせない要素だ。米国のアジア太平洋再均衡政策の鍵になる目標の一つは、健全で透明かつ持続的な米中防衛関係を構築することだ。今は、外交、経済、安全などの面で中国との協力を求めるとともに、米中軍事関係の持続的な発展の基盤を作り上げるよう、ともに努力をしている」と述べた。

 カーター国防次官は、米国はアジア太平洋における領土紛争においては特定の立場に立たないが、航行の自由と紛争の平和解決を確保したいとの姿勢を改めて表明した。そして、アジア太平洋地域の平和と安全を確保するのが「大勢」であり、紛争関係国はその大勢を重んじるよう期待を示した。(FUYING、大野)

 「中国国際放送局日本語版」より 2012年10月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古