2012年10月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:40 Oct 07 2012

中国初の「全国国土計画綱要」発表へ

 国土資源部(国土資源省)によると、全域の立体的開発を堅持し、陸海の統合的計画を重視した中国初の「全国国土計画綱要」の大枠がまとまった。「新華網」が伝えた。

 綱要は国土計画の基本構想を確定。競争力に富み、安全で、調和ある、開放された国土の構築という基調を打ち出している。広域の均衡的開発と地区の集中開発の協調を堅持し、都市と農村の融合的・一体的発展を推進。国土の集約的利用と効果的保護、国土の開放と開発の拡大、低炭素・エコ発展路線を堅持している。

 綱要の際立った特徴が、自然的制約の観点に立った「反計画」理念の堅持にある。外国で一般的に採用されている国家戦略計画策定上の構想である「反計画」は戦略目標に基づき細分化するのではなく、資源・環境上の制約に基づき策定し、最適化の原則に基づき将来の生産力目標を測定する。綱要は全域の立体的開発の実施と陸海の統合的計画の重視という構想に基づき、重点軸・帯と空間開発構造の構築を打ち出し、発展、生存、生態、保障の管理・コントロールラインを定めている。国土空間の陸域・海域区画を基礎に、差別化された国土空間開発政策指針を打ち出している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月7日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古