2012年10月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:28 Oct 08 2012

中国はこのような堅守を必要としている

【中日対訳】

 中国は世界経済成長の重要な牽引者であり、「平和が永続し、共に繁栄する調和ある世界の建設」という理念の貢献者、実践者であり、国家の領土主権と合法的権益の堅守者でもある。中国はこのような堅守を必要としているし、それに十分な勇気と実力も備えている。

 中秋節(旧暦8月15日)と国慶節(建国記念日)の大型連休期間、中国の漁業監視船隊は釣魚島(日本名・尖閣諸島)の漁業権益保護の第一線を堅守し、中国の海洋監視船も釣魚島海域で権益維持のための巡航を行った。

 日本はこれに慣れることができず、不当な妨害と抗議を行うと同時に、不当な目に遭ったような様子も見せている。だが日本の様々なパフォーマンスは内心の煩悶を少し発散する以外に、何の役に立つというのか?中国の漁業監視船隊が釣魚島で漁業権益を保護し、中国の海洋監視船が釣魚島海域で権益維持のための巡航を行うのは、これ以上ないくらい正常な事だ。その理由は簡単だ。釣魚島およびその付属島嶼は中国固有の領土だからだ。早くも2010年には中国の漁業監視船は釣魚島およびその付属島嶼周辺海域での漁業保護のための巡航を常態化した。漁業監視船隊だけでなく、海洋監視船もこれを堅守していく。

 中国はこのような堅守を必要としている。このような堅守なしには、中国の領土主権と合法的権益を真に守ることも、中国人民が安らかに楽しく祝祭日を祝うこともできない。

 中国の漁業監視船隊が釣魚島の漁業保護の第一線を堅守し、中国の海洋監視船も釣魚島海域で権益維持のための巡航を行う。これは国際法の原則に完全に合致しており、通常行動といってもいい。中国のこうした通常行動への適応を日本は学んで身につけなければならない。適応が早いほど、釣魚島問題の外交交渉を通じた解決、中日関係の改善と発展に有利だ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古