2012年10月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:09 Oct 09 2012

「中国側に誠意を示せ」 加藤紘一氏、日本政府に呼びかけ

 「友好こそ関係発展の礎だと信じて奔走する人々は日中関係の現状に胸を痛め、困惑している」。「日中友好協会」会長の加藤紘一・自民党元幹事長は5日、日本政府に対し、中国側に誠意を示し対話の実現を図るよう呼びかけた。「環球時報」が報じた。

 釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題が起こって以降、日本では日中友好団体の働きがにわかに脚光を浴びている。1950-60年代に両国交流の主なルートとして国交正常化に重要な役割を果たした日中友好団体だが、右翼勢力の拡大に伴い、現在さまざまな困難にさらされている。

 アジア太平洋関係を専門に扱うフリーの学者、仲村澄世氏は記者の取材に対し、「見識の浅い政治家が利益ばかりを追い求めた結果、苦労して築き上げた相互信頼や友好ムードがすべて崩れ去った」と指摘。

 別の日本人学者は「釣魚島問題をきかっけに、両国関係は摩擦が多発する新たな段階に入る」とする一方、「両国関係を良くしたいと心から思う人々も次々と現れてくる」との見方を示した。(編集YT)

 「人民網日本語版」2012年10月9日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古